25fm1ll

DJ Premier、キャリア初となるソロアルバム”Last Session @ 320″を制作中

昨年12月にRoyce Da 5’9″とのデュオ、PRhymeとしてアルバム・リリースをしたことも話題になったヒップホッププロデューサー、DJプレミア。



(ALBUM情報、購入は画像をクリック)

最近ではスタジオ閉鎖の残念な情報もありましたが。。。

DJ Premier(DJプレミア)所有のD&D Studios(D&Dスタジオ)が高級アパートメント建設のために閉鎖される。
2014年1月7日、DJ Premier(DJプレミア)は、ニューヨーク・ブルックリンで数十年、プロデューサーとして所有していたD&D Studios(D&Dスタジオ)(旧ヘッドクォーターズ・スタジオ)を永遠に閉鎖すると発表。
ニューヨーク・ガーメント地区37thストリートに位置するD&D Studios(D&Dスタジオ)は、入居しているビルに高級アパートメントが建設されるため閉鎖されることとなった。DJ Premier(DJプレミア)は今後、クイーンズにあるKaufman Astoria Studios(カウフマン・アストリア・スタジオ)で仕事をする予定だとAmbrosiaForHeads.com(アンブロシア・フォーヘッズ)が伝えている。
DJ Premier(DJプレミア)は前オーナー、HeadQCourterz(ヘッドクォーターズ)の死後、2002年にこのスタジオを購入しているが、彼は90年代初めから既にそのスタジオで仕事をしていた。D&D Studios(D&Dスタジオ)で様々なプロジェクトに取り組んできたアーティストたちには、Jay Z(ジェイ・Z)、Big Pun(ビッグ・パン)、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)、Big L(ビッグ・L)、Slaughterhouse(スローターハウス)、Dilated Peoples(ダイレイテッド・ピープルズ)などがいる。これらアーティストたちのアルバムのみならず、DJ Premier(DJプレミア)も彼のギャングスターソングのほとんどをこのスタジオでレコーディングしている。また、他に注目するアルバムには、Nas(ナズ)の『Illmatic』(イルマティック)やThe Notorious B.I.G.(ノトーリアスB.I.G)の『Ready To Die』(レディ・トゥ・ダイ)がある。

引用:ILLEGAL ASSEMBLY of MUSIC —Light Side—

B7N2xSkIAAAhS8R.jpg-large
(instagramより)

20年以上の活動から遂に全HIPHOPファン待望の初ソロアルバムを制作中との情報が!!

米ヒップホップ・メディア XXL誌が報じるところによると、すでに別のスタジオで制作を始めているDJプレミアが、年内に初のソロ・アルバムをリリース予定なのだという。『Last Session @ 320』というタイトルとされるこのソロ作は、詳しいことは不明ながら豪華スターたちがゲスト参加した作品になる予定とのこと。
またDJプレミアは今月頭、先月リリースされたばかりのプライム『PRhyme』にボーナストラックを加えたデラックス盤をリリースする予定を明かしている。これはNew York Observerのインタビューの中で明らかになったもので、「俺たちは全曲のビデオを撮影しようとしていて、ロイスと俺は2月からツアーに出る。それから、3曲から5曲の新曲を加えたデラックス・バージョンをリリースする準備も進めているよ。参加アーティスト全員の名前は言えないが、MF・ドゥーム(MF DOOM)が1曲参加している」と『PRhyme』デラックス盤の構想を明かした。こちらも具体的な発売時期などは明かされていないが、デジタルとレコード・ボックスセットでの発売を検討しているとのことだ。

引用:BMR

オールドスクール後期から活躍し続けるGang Starrのトラックメーカーとしてヘッズから絶大なる支持を得る”プリモ”ことDJプレミア。ループのみでトラックを構成するスタイルや、チョップ / フリップを多用したオリジナルなビートはまさに90年代のニューヨークを代表するサウンドと言っても過言ではないでしょう。。数々のクラッシックを生み出したプレミアワークを今一度再確認してみるのも、改めてHIPHOPを振り返るには良いバイブルになるかも知れません。